ASTON MARTIN
美意識のために死ねる人のクルマ〜RAPIDE  ENGINE誌より   2011.6
  
エンジン誌・2011年8月号。今回の特集は「新感覚派セダンの時代がやってきた!」。 セダンが全く似合わない不肖YASUではございますが・・・・
 
XJのインテリアは世界で最も進んだ美しいインテリア・・・ そしてラピードは、世界唯一の4ドアスーパーカー!
 
鈴木編集長もラピードがお気に入り。 実は次の評論が面白くて、今月号のエンジン誌を買っちゃったんです(^^ゞ それは小沢コージさんの振りから・・・
 
ラピードとは「結婚しても超美しい女性」で、そのオーナーは「美意識のために死ねる人」。 うぅぅ・・・ラピードってかなりハードルが高いんですね〜(T_T;
 
なにはともあれ自分もラピードは大好き!完成度と官能性が高次元で融合している素晴らしいクルマです(o^-')b  アストン好きなら「美意識のために死ぬ」のもいいかも(^_^;
 
※掲載がNGの場合はご連絡ください