Ferrari DINO246gt デストリビュータ O/H vol.3 Distributor  2017.2
軸のブレ(5)が気に食わず
ベアリングまで打ち代えましたデスビ・・・
この段階ではブレは直らず(-_-;
カムを潤滑するためのOILを染みこませた
フエルトも交換。あ〜すっきりw
ガスケットをはさんで
筐体に組み込みます
筐体の上部のプレートのOリングも交換します
ん!これのプレートで軸のブレも収まりました(^^ゞ
あのブレは正常で織り込み済みだったんですねww
1mmのブレが収まったので
0.01mm単位での精度が出せます
シックネスゲージを差し込んで調整
こちらがポイントが閉じた状態
当然ながらクリアランスは0.00mm
こちらがポイントが開いた状態
クリアランスは0.32〜0.38mmが規定値
自分は 0.35mmで調整しました
インパクトで締めたナットを
割りピンで緩み防止をして・・・
カムとの接合はこの樹脂の部品を挟みます
これって何の為?ヒューズ代わりかな〜?
(万が一のとき、ここが壊れて他を守る?)
ガスケットをはさんで・・・
いよいよデスビを取り付けます
デスビ・ローターを差し込んで・・・
デスビキャップを取り付けます
今回、プラグコードとプラグも交換
でもDINO用に発注したプラグコード・・
なぜかNGKのプラグに着かない(>_<)
一緒に来た商品なのに・・・ヒドイ。。。
気を取り直して、プラグ交換
3極式のプラグになって始動性も良さそう!
旧い車は火の強さより、火の広さが重要!?
DINOは横置きエンジン・・・
リアのバンク(3気筒分)のプラグ交換は楽だけど
フロント側のバンク(4〜6番)は
手探り状態でのプラグ交換。
慎重にまっすぐに入れないと、ナメちゃいます(>_<)
無事交換完了〜!
おNewのコードがプラグが刺さらない
なぜなんだ(>_<)スーパーフォーマンス
一応、旧いプラグはイリジウムなので
軍手の指に入れ込んでとって置きますw

デスビの軸のブレ問題も無事に解決し(自分の勘違いww)
どうにか順調に進んでいるかのよう・・・
この時はまだ、この後に起こる大惨事?の発生を予想することすら出来ませんでした(続くw)

大惨事 の写真は、ちょっとだけ facebook インスタ にありますw
 
HOME    
※掲載NGの内容がある場合は、ご連絡ください